体外受精で赤ちゃんを授かった方、アドバイスをして頂けないでしょう

体外受精で赤ちゃんを授かった方、アドバイスをして頂けないでしょうか? 来月から、体外受精での不妊治療が始まります。
私39歳、夫43歳と高齢です。
これまでの事を考えると、この治療にかける思いは特別な思いがあります。
本当にこちらで授かってくれないと・・・、必死です。
どんなことでも構いません。ぜひ、アドバイスをお願い出来ないでしょうか?
・体外受精前後で、努力して良かったこと
・医師に相談したこと、伝えたこと
・知っておいて良かったこと
・注意しておいた方が良いこと
・この本が参考になった等
私だけじゃなく、不妊治療で悩んでおられる方は、たくさんいらっしゃると思います。
出来たらこの質問が、同じ悩みを抱えていらっしゃる方の、少しでも参考にして頂けたらとも思っています。
皆さんのアドバイスを、お待ちしています!
よろしくお願いします!
ウチは基本的に自由な生活を送るようにしていました。
食べたい物を適度に食べる。私も主人も食べる事が好きなので、規制されるとストレスすごく溜まります。
なので、よくいわれるネバネバ(山芋やキノコ類etc)も食卓に並びつつ、ピザやパスタも焼肉もケーキも、しっかり食べていました!笑
私→サプリメントでビタミンと鉄と葉酸は補っていました。
お風呂はのんびり。
お茶はルイボスティー。(でもカフェインも普通に摂取。)
毎日散歩(2歳になる息子(不妊治療で授かりました)がいるので30分ほどブラブラ歩いて公園行って)2時間は外にいました。
主人→亜鉛サプリ。
不妊治療仲間に教えてもらった(友達もまた不妊治療友達に教えてもらった)黒にんにくを食べてもらいました。1日1〜2欠片、こちらは必ずサプリではなく、発酵黒にんにくそのままを。(3ヶ月ほどして採卵時の精子の運動率は1.1%→49%になってました。)
諸々数値が悪かったので2〜3日に1回は精子を出してもらった。
お風呂はサッと(精巣をあまり温めない)
酒とタバコは気持ち減らしていたような…。
毎日25〜30分ほど通勤で自転車乗っている。
医師に相談した事は、私は多嚢胞(生理不順、卵の質がよくない)、ポリープがあり、OHSSになりやすいのでマイルド法を勧められていました。
私は一度で採卵を終わりにしたいのでアンダゴニスト法にしたい!と伝えたくらいです。
医師も、OHSSの可能性は否定出来ないけど、頑張るって気持ちが大きいようだからいいよ!とGOサインをもらいました。
あとは、ストレスになるような事で悩まない!とも。
アレやった方がいい?これ試した方がいい?なんて考えるくらいなら何もしなくていいよ!
妊活サプリも基礎体温測るのも必要なし!と。(^ ^;)
これだけは覚えおいて下さいね。
高齢、尚且つ初産の多胎妊娠で尚更嬉しいと軽々しくしく言う事は控えた方が良いです。
只でさえ管理が大変な高齢に加えて多胎となると、医療センターや大学病院で管理入院が必要です。
2人とも3kgで生まれてくる事は奇跡といっていいほどです。障害を持つリスクや、出産時の母体のリスクも当然あります。
1人の育児でさえ最初の2〜3ヶ月は辛くて泣きますよ。
40歳の産後の体力で育児をする大変さを舐めてかかると痛い目みます。
私が29の時でさえ、親の助けがあったにも関わらず泣いてました。しんどい、寝たい、腰も首も痛い、辛い…って。
妊娠や出産がゴールではない、本当にその通りです。やんちゃな子供なら、2時間の外遊びじゃ足りません。4〜5時間の日もあります。
ご夫婦共に今からでも体力作りは必須です。(毎日夕食後に30分ウォーキングするだけでも違いますよ!)
多胎にならないようにSEET法があるんです。それを何度してもダメな人にだけ2個移植するんです。
更に胚盤胞を移植する際に針で刺激して殻を破ってあがるAHAなんかもあります。
また、新鮮胚の移植は低刺激のマイルド法のみ、腫れていない事が条件です。
ただ、新鮮胚より凍結胚の方が若干妊娠率が上がります。
◆ご自身の年齢や体力、体調なんかもきちんと考慮して、不妊治療や食事や薬(サプリ)だけに拘らず、しっかりと体力作りをする事をオススメします(^ ^)
切迫流産で絶対安静になると、一気に体力落ちます。
私は予定日の2ヶ月と3週間前に切迫で安静指示が出て、一気に体力落ちました。
4時間で生まれてくれたお陰で何とかなりましたが、24時間とかなら確実に帝王切開に切り替わっていたと思います。
厳しい事をたくさん言いましたが、優しい甘い言葉だけで後で後悔するより、リスクは心の隅にでも留めておいて欲しかったので…。
◆1あまり思い詰めないこと
2自分も夫も責めないこと
3他人に良いと言われても自分に合わないと思ったら潔くやめること
4できることなら不妊治療専門の病院に通うこと
5同じ方法を繰り返さないこと
ですね。
絶対成功しなきゃとは思わないでください。年齢的にもできたらラッキーくらいの気持ちで、できなかった時のこともできた時のことも両方考えて生活したほうがよいです。これをすると、1と2は解決します。
ストレスが治療に与える影響は、私の場合とても大きかったので、思い詰めないことと夫婦関係が良いことは大事だと思います。
私は不妊鍼灸や漢方、規則正しい生活など、良いと言われたことは片っ端からやりました。でも結果が出ず、追い詰められました。
そんな時鍼灸の先生に、いっそのこと全部やめたら?と言われ、思い切って辞めました。運動しない、偏った食生活、夜更かし…やりたい放題で、唯一残したのは不妊鍼灸でした。
それも鍼灸が良かったというよりもいつもグチを聞いてくれる院長が気に入っていたからです。
その結果、まもなくして採卵成績が格段に上がりました。
良いと言われていることが必ずしも自分に合うとは限りません。ストレスのない範囲でやるべきです。
大学病院で受けられるということですが、もし何度かやってダメなら専門病院への転院をおすすめします。
体外挑戦中、SNSで仲間を集めて不妊治療グループを作っていましたが、大学病院組だけ結果が出ていなかったので…。結果はたまたまかもしれませんが、技術と知識は専門病院が上な印象を受けました。
あとは失敗したら次は必ず何かを変えること。採卵や移植の仕方でも良いし、使う薬でも良いし、あなた自身の生活でも良いし。そうすることで自分に合うものが少しずつ分かってきますよ!
◆タイミングの時の方がいろんな事をやっていました。鍼治療・漢方・子宝マッサージ・ルイボスティーを飲んだり。
体外受精に進んでからは、高いお金を払っているし、後は先生にまかせようと思い、特に何もしませんでした。
寒い時期だったので冷やさないように、気をつけた事と、移植後にアメトークのDVDを借りてきて、夫婦で観ながら、ゲラゲラ笑ってました。
笑うっていいみたいですよ。
不妊治療の先生も言っていました。
赤ちゃんやって来てくれますように!
応援してます。
◆よかった事は『不妊鍼』です。
普通の鍼灸ではなく不妊に効く鍼ですね。
ホルモン値が良くなった気がしました。
良かったかどうか分かりませんが、移植後は毎日パイナップルを食べました。生のを半分。買いに行くのが大変でしたけど。
相談した事…ないです。
もう言われたままやりました。
知っておいて良かった事。
不妊治療や体外受精の知識は本やブログで勉強した方がいいです。先生の話がよく分かります。『この薬はこの為に飲むのね』と。いちいち聞かなくてすみます。ホルモン検査が毎回あり、どのくらいらあればいいかとか。
注意…ないです。 いつも通りにしてました。 ハードに動く仕事もしていました。
参考にした本…上手く卵胞が育たなかった時にルミコさんの『シアワセノカタチ』をよく読みました。
私はピックアップ障害でしたから、それまでは長いものの体外受精ではあっさりと妊娠しました。
もっと早くすれば良かったです。
◆移植より、採卵のほうが重要ですね・・。
どれだけ良い物が取れるか。
採卵前の周期に岩盤浴によく通ってました。
代謝が良くなるので。
後はアーモンドやナッツ類を毎日食べてました。
オーガニックのルイボスティーも長年飲んでます。
移植は2回失敗して。3回目に
医師に少しでも妊娠の確率が上がる方法を取りたいとお願いし
(その分費用はかかりますけど。)2個戻すという方法で
妊娠しました。双子のリスクはありましたが、双子でも良かったので。
最終的には卵子は10個取れましたが凍結出来たのは5個。
卵巣が少し腫れたようで、血液検査で数値が高く
1周期お休みしての移植だったので、
思ったより時間がかかりました。
なので、期待しすぎるのもストレスになるかもしれません。
◆37歳で治療を始め、早めに体外に進みました。
恥ずかしながら、私は基礎知識が薄いまま通院を始めたので、体外受精をすれば比較的早く授かるのだろう、、と思っていました。ですが実際には採卵しても受精卵から育ちづらく、移植できない時期が半年以上あったこともあり
人生で初めて白髪が出ました。
採卵後、受精卵の新鮮胚を移植するのか、成長させて胚盤胞になってから移植するのか、患者さんの希望が通るならご夫婦の方針を決めておいた方がいいですよ。胚盤胞のほうが着床の確率はやや上がると言われているけど、培養中にダメになってしまうと「新鮮胚のうちに移植しておけば授かったかも。。」と毎月苦しみました。月によって変えたりすればいいんですけど、移植だけでも10万以上するし。。医師に聞かれて決断する度に1人悩みました。
あとはストレスをためず、治療以前に体調を整えて気持ちよく過ごすことは大事かな、、と思います。
不妊サプリ、お高めの漢方も飲んでましたが、年齢のせいか朝起きるとぐったりと疲れが残るようになったので、ジョギングで体力をつけたり、妊娠とは関係なく還元型コエンザイムを飲みました。私はこれが体質に合ったみたいで、日々の疲れが消えて寝起きが良くなり、そうすると仕事も気分よくはじめらる好循環で、なぜか治療の結果も比例して良くなりました。
もちろんただの結果論、気持ちの問題ですが、治療以前に年齢に合った身体のケアをしてあげる必要があるんだろうなぁ、、、と思ってます。
うまく行くよう祈ってます!!