妊娠中に気をつけておいて良かった!という事はなんですか? 妊娠が発

妊娠中に気をつけておいて良かった!という事はなんですか?
妊娠が発覚しました。
子宮内膜症も患っており、なかなか妊娠しなかったので、もう子供は無理だろうからいいやと思っていた矢 先に妊娠したので妊娠について全く勉強して来ませんでした。
そこで質問なのですが、妊娠中に気をつけたり準備した事は何でしょうか?
・食べ物は何を積極的に食べて何を控えたのか。
・葉酸は足りないと駄目だが摂りすぎは喘息持ちの子を産む確率が高くなると聞くがどう摂取すれば良いのか
・運動は何をして何を避けたのか(ピラティスをしていますがそれは良いのか?)
・日頃の生活習慣で何を改善したのか
・妊娠についてどこから知識をつけたのか(ネットならば)
・補助金などは何があるのか
それ以外にアンテナを張っておいた方が良い情報は何かありますでしょうか?
詳細に教えていただければ嬉しいです!
①食べ物について
鉄分は特に気をつけて摂取しました。中期から貧血になりやすくなるので、貧血になると目眩や息切れで辛くなります。
葉酸も含まれる、ほうれん草や小松菜を毎朝食べて、おやつはレーズンやプルーン食べてました。ビタミンCと一緒に摂取すると吸収されやすいので朝はオレンジも。
トキソプラズマ菌とボツリヌス菌については
ネットで調べてみてください。初期の時は特にですが自家製の野菜などから感染しやすいので生で食べる時はシッカリ洗う事。猫や鳥類の接触は避けるとこと。少し前に動物園で鳥との接触で安定期に亡くなられた方が報道されてましたね。動物園にも行かない方が無難ですね。
②葉酸について
食事で1日の必要量をとるのは難しいのでサプリで補いました。妊娠中の必要摂取量は1日480μgなのですがサプリの殆どは400μgくらいを摂取できるようになってます。残りを食事で取れてるかなー?って感じで飲んでました。
サプリを選ぶ時はビタミンAが入ってるものを避けた方がイイです。過剰に摂取すると胎児に影響があるとされてます。
③運動について
骨盤がグラグラしてくると痛みがでてきますので骨盤を整える意識で行える運動がオススメです。ピラティスは通ってるのでしょうか?そうならインストラクターに聞いた方が良いですね。
ウォーキングやマタニティヨガなどゆったり行える運動が良いです。後はゆっくり息を吐き出す呼吸法も練習しておくといいですよ!出産時はいきんで息を止めがちですが、赤ちゃんに酸素が行きたわらなくなり難産になりますので出産中に上手に酸素を取り込めれることが安産に繋がります。
④日頃の生活習慣
・寝れる時に寝る。
・ストレスを貯めない。
・夫とコミュニケーションをしっかりとる。
・規則正しい食事
⑤知識のつけかた
ネットは誤った情報や自身に当てはまらないことも多々あるので出産経験のある友人や知り合い、母親、から聞きました。メインは産科の先生や助産師さんに聞いてます。本や雑誌もありますが見すぎると、あれもこれも必要にないもの買ってしまったり私は本の通りではない…と不安になりやすくなるので、あえて見ていません。
⑥補助金について
お住まいの地域によって金額や種類も様々なので詳しくはお答えできませんが
母子手帳を貰う際に詳細のしおりなどを頂けると思います。入ってる保険によっては出産祝い金が出たりする事もあるので、そちらも調べて見てください。
⑦その他の事
あまり気を入れすぎないこと。気持ちは普段通りでいいくるいです。悪阻やマタニティブルーなどで落ち込んだりイライラがある時期も来る人が多いので、その日が来る時のためにパートナーと色んなことをしっかり話し合っておくこと(夫婦喧嘩防止のため)
《初期》
・妊娠報告の時期や方法
・つわり対策
・食べれるものを食べれるだけ食べる。
・貧血対策
・大事な時期。運動を控える
・風邪対策
・体を冷やさない
《中期》
・マタニティブラ、ショーツの検討
・腰痛、恥骨痛に気をつける
・腹帯、骨盤ベルトの検討
・貧血対策
・ウォーキング等始める
・風邪対策
・体を冷やさない
・メンタルに気をつける
・育児グッズの費用計算
・バースプランを考える
・母親学級や両親学級の参加
・肥満に気をつける
・子供が生まれたら
出来なくなることを今のうちにしておく。
→旅行やオシャレなお店で外食など
《後期~臨月》
・貧血体調
・ウォーキング
・風邪対策
・体を冷やさない
・メンタルに気をつける
・浮腫対策
・ネットスーパーなど利用検討
・産気づいた時のシュミレーション
・こうのとりタクシーの手続き
・内祝いのカタログ入手
・育児グッズの用意
・バースプランを産科に伝える
・入院準備
・お腹が張れば横になる
・太りやすい時期。食事に特に気をつける。
等など…長くなりましたが
自分の無理ない程度に
赤ちゃんと身体を優先に
過ごしてくださいね。
◆おめでとうございます!
私は逆に、検索魔になったりはせず、普段通りの生活を心掛けました。病院の先生に言われたことだけ気をつけて生活していた感じです。
とはいえ食に関しては割と神経質になりましたが。。笑
・控えたものはカフェイン(コーヒー類、コーラ、レッドブルなどの栄養ドリンク類)、生もの、生卵などですね。積極的に食べたものは特にないですが、つわり時期はマクドのポテトとかアイスとかが食べたくなりました。
・葉酸はあんまり気にしませんでした。満遍なく食べる感じで。キウイとか、コーンフレークに牛乳かけて食べたりしてました。笑
・運動はウォーキングぐらいです。それも後期ぐらいから。。笑
お腹と体調にさえ気をつければピラティスも大丈夫じゃないでしょうか。
・元々7時頃起きて23時頃就寝という生活だったので、生活習慣は特に改善はしてません。
・たまごクラブとかの育児雑誌
・大きなものとしては出産一時金の42万でしょうか。私が出産した病院では、検診の際に病院側から書類と共に案内してもらえました。
産後の補助金でいうと児童手当などがありますが自治体によって様々だと思うので確認しておく必要があります。
あとは、徐々にでいいですが買い物リストも考えていったほうがいいですね。
自分たちの生活スタイルにどんなもの(チャイルドシートやベビーカー等々)が必要か、など。
お部屋作りをどうするかによっても変わってきますし。
西松屋などに行くと冊子があって、それに買い物リストを載せてくれていたりするので、必要なものを事前にチェックしてから買い物に行くと余計なものを買わなくて済みます。笑
私は初期の頃にハイで、あれもこれも!って考えなしに買って帰ったら主人に怒られました。。笑
◆発覚は悪いことが露呈したときに使う言葉です。
この場合は「判明」です。
・食べ物はなんでもバランスよく。生物や食中毒が多い貝類はなるべく避けていました。
・葉酸は妊娠初期だけでよいと言われました。サプリをひと瓶買って、飲みきったあとは追加では買いませんでした。同じヨーグルトやドリンクでも葉酸・鉄分入りなどを選んで買っていました。
・ピラティスはもしかしたら妊婦に禁忌なポーズもあるかもしれないのでインストラクターに相談を。8ヶ月くらいまでは仕事もしていたし特に運動はせず、後期にウォーキング30分~1時間くらいしていました。
・生活習慣は、エアコンなどで冷やしすぎない。冷たいものを食べたり飲んだりしすぎない(内臓が冷える)。飲み物は常温を心がけていました。あとは何につけても無理をしない。
・たまひよ一冊買ったり、産婦人科で冊子をもらえたり、両親学級などに参加したり、先輩ママから色々教えてもらったりしました。
・補助金は自治体でちがうと思うので(うちは妊婦検診クーポンしかなかった)、母子手帳をもらうときに聞いてみてください。
・アンテナを張っておいた方がいいのは、自分の体調ですね。当然ですが体調が悪くても市販薬を事故判断で飲まず、産婦人科に相談を。
◆食事は外食は避け自分で作ったものを食べました。毎日葉物を必ず食べていました。お菓子も量を少なめに気をつけました。
葉酸はアプリを飲みすぎなければ取りすぎることはないと思うので心配ありません。
運動はウォーキングのみしていました。マタニティヨガというのがあるくらいなので体制が無理にならなければピラティスも悪くはないと思います。お腹を気遣う必要はあると思います。
元々規則正しい生活だったので(早寝早起き、3食食べる、適度な運動をする)特に改善はしていません。
妊娠については、たまひよの初めての妊娠用の本を1冊買ったり、たまごクラブを2回くらい買ってみました。初めての人にはいいと思います。それに自治体の助成のこととかも書いてあります。生まれたあと何が必要とか、いくらかかるとか、欲しい情報はほとんど載ってた気がします。
補助金というものがある自治体があるのかわかりませんが、妊婦健診のクーポンはもらえるところが多いんじゃないかと思います。あと出産一時金の42万ですかね。それはそのまま病院に行くので手元に来ることはありませんが。
体重管理はとにかく気をつけたほうがいいです。6ヶ月くらいまでは1kgも増やさない方がいいと思います。8ヶ月以降どんなに頑張っても何も食べなくても増えます。妊娠糖尿病とか妊娠高血圧症にならないように、糖分もオリゴ糖に変えたりしました。