30代での末期がんは原発事故のせいですか? 病床から東電の責任を告発

30代での末期がんは原発事故のせいですか? 病床から東電の責任を告発
松平耕一さん(39歳 東京在住。15年に大腸がんのステージ4に)
福島・関東の住民に原発事故の放射能による体調不良が増えている。
広島やチェルノブイリでも、末期がんなどの大病を増やし、若年層の死者が激増した。
今回話を聞いた松平耕一さんは、東京で生まれ育ち、15年に37歳で末期大腸がんが発覚した。
以来東京で闘病生活を続け、7月現在、ホスピスに入院中だ。
「病者」として、「放射能の影響がある。国と東電を許さない。責任を取らせたい」と公言している。
3・11事故の核心と言える、初めての声ではないだろうか。
松平さんが被曝の影響があると考える理由は
(1)関東全体も被ばく地帯。
内部被曝はわずかでも病気になりうる。
(2)親との関係が悪かったため自宅に帰れず、ほぼ毎日「食べて応援」を掲げて福島産の食材を無制限に使う「吉野家」や「サイゼリヤ」などで外食し続けたから。
そして、事故後は仕事で毎日銀座の街頭に立っていた。
その後も東京では特に汚染の高い東武で事務仕事をし続けた。
しかもその仕事内容は、東京電力のADR=原発事故被害者の賠償要求の書類をひたすらコピーし続ける仕事だった。
福島から送られてきた大量の書類だ。
つまり狭い室内で、封筒や書類についた放射性微粒子が粉じんのように舞い上がり、それを吸い続けていたからだ。
「市民と科学者の内部被曝問題研究会」
の渡辺悦司氏は語る。
「放射性微粒子は、肺に沈着すると思われるが、かなりの部分は痰として消化器官にに入る。
消化器官に入った微粒子は、ナノサイズのものは、消化管から体内に吸収されるが、大きいミクロンサイズの粒子のものは、消化管のどこかに付着すれば、そこで周囲の細胞に放射線を照射し続け、がんを発生させる可能性が十分に考えられる。
松平さんは、おそらく作業された当時、サージカルマスク(N95マスクが良いが)でもされていれば、結果は変わったかもしれない。」
東電は、そうしたことをせず、危険な仕事を自分たちではなく、何十もの多重派遣の派遣労働者にやらせていたのであり、原発労働と同じ棄民、差別構造だ。
www.google.co.jp/amp/gamp.ameblo.jp/inoushi71/entry-12122069265.html
www.google.co.jp/amp/s/anond.hatelabo.jp/touch/20140728201354%3fmode=amp
しかも
「この仕事をしていると外部に言うな」
と口止めまでされていた。
これは労基法にも違反する、被曝労働・詐取労働の隠蔽ではないのか。
これらの結果、若いほど新陳代謝が活発でがんの進行も早まるため、発覚時には末期であることが増える。
松平さんは、私の友人でもある。
昨年から「福島原発事故による健康被害者の会」を一緒に立ち上げた。
私は東京から関西へ避難したが、帰省の度に面会している。
松平さんは自身の病態や原発の影響をネットで発信し続けてきた。
闘病方針も自ら選んできた。
彼の存在と声は、私が健康被害問題を取り上げ運動する原動力となっている。
彼は、
「自分の余命は短く、多くの人に声を届けたい」
と話す。
「だめ連ラジオ・熱くレヴォリューション!」
がホスピスの病床で松平さんに行ったインタビューを、文字起こしさせて頂いたので、ここに掲載する。ぜひ多くの方に読んで頂きたい。(編集部・園)
※「だめ連ラジオ」インタビュー・
前半音声
後半音声
見つからない発癌 発見時は末期
見つかった時点で大腸がんのステージ4で、肝臓に転移していました。
5年生存率は18%ということでした。
癌が広がっている範囲が大きくて、手術ができない状態でした。
抗ガン剤で治療し、腹痛や便秘のせいで入退院を繰り返してきました。
大腸が機能していないので、人工肛門を造設していて、不便な思いをしています。
副作用のせいで、いつも具合いが悪く、1日中寝ていることが多かった。
激しい苦痛を経験し続け、6月からホスピスに入りました。
病気が見つかるまでの体調ですが、15年11月にものすごい腹痛に襲われて、病院に行って癌だとわかりました。
発見されるまで、1年かそれ以上の間、1日6回も7回も下痢があった。
精神性のものかと思っていました。10月、11月には、トイレの前で立てなくなり、ずっと転がったままでいて、救急車を呼ぼうかというくらいの状態になりました。
1年に1度の健康診断は受けていました。
徐脈があったこと以外は、まったく異常はなかったです。
其の通りです。大腸がんはちょうどですねえ。糞便の停留と濃縮場所になりますから成りやすいんです。
なんたって牛の牛乳が関東一円で数千ベクレルになったんです。それを混ぜたら安全と言って当時500ベクレル以下に混ぜて下げて
給食にも食わせたんですよ。
政府の検査機関から一回も危険食品発見はなかったのです。
ホウレン草が1000ベクレルも有るのに洗えば大丈夫とか言っていましたからねえ。嘘ですよ。ホウレン草の呼吸で取り入れられています。それはハウスの中だからです。
問題は人間の呼吸の方が問題だったのです。肺胞で濾されてものすごい被爆を日本ではしています。
大腸では濃縮されてるので当然体中で一番濃度が高いのです。
事実この頃の下水の汚泥問題が起こりました。100万ベクレルです。しかも多くの汚泥がセメントに変えられました。
もちろん建物のコンクリートになっています。