20代後半女です。同じ女性で病院に行った方の体験談など知りたいです

20代後半女です。同じ女性で病院に行った方の体験談など知りたいです。 痔について悩んでいます。少し汚い話でごめんなさい。3年ほど前から、痔の症状があり、排便後肛門が痛く拭いたら鮮血だったので切れ痔と判断して市販のボラギノールなどを塗ったり入れたりして数日経つと痛みがなくなるので、やめたりしていましたが当たり前ですが改善されません。
幼い頃から便秘で、下痢やいきみを繰り返していました。
たった今職場のトイレにて、軽い下痢をしたあと普段ウォシュレットはついていますが使ったことがなかったのでたまには…と思い勢いを弱めにして使用したところ、激痛でした。
肛門科に行った方がいいですよね?
女ということもあり恥ずかしさもあります。
行く時間もないし、会社を休む理由に病院に…というとしつこく聞かれるので悩んでいます。
同じ女性の方で、肛門科に行った方の体験談を聞きたいです。
私も痔になり、ウォシュレットの攻撃に悶絶したこともあります。
そういう時は「おしり」モードではなく「ビデ」モードにすると水の勢いも優しくお勧めです。
さて肛門科の診察ですが、病院によって流れや機材で若干異なるでしょうが、私の経験では、
診察室は普通の病院と変わらない感じですね。
診察は下着を腰まで下ろして(お尻さえ見えれば良いので前の方は見えない様に)ベッドに横になります。
看護婦さんがさっとタオルをかけてくれ、先生の診察開始。
触診と小型カメラで内部の状況確認。
全て終わるのに5分程度でした。
私も恐怖と恥ずかしさで、病院には行けませんでした。
ですが受付の方、看護師さん、先生と皆さんデリケートな問題と分かってくれてますので、きちんと配慮して接してくれました。
先生は淡々と説明されるので、行く前に想像していた恥ずかしさはあまり感じなかったですよ。
薬代も保険がきくので市販薬の半額以下で済みますし、何より正しい病名と適切な処置が分かるため安心感もありますよ。
また不安な事があれば、私の体験談でよければお答えします。
人には言えない痛みで辛いでしょうが、お互い頑張りましょうね。◆お優しい回答と、温かいお言葉、さらに詳しい体験談ありがとうございます。大変参考になりました。ウォシュレット、ほんと痛くてトラウマになりました…。デリケートな事なので相談できる人がおらず困っておりました。
回答者様が行かれた病院の雰囲気もよかったこと、よく伝わりました。
お言葉に甘えて、いくつか質問させてください。他の回答者様から、ゼリー状のもの指で塗られるということを教えていただいたのですが、やはり触診のときに塗られましたか?また、小型カメラなど入れるとき痛みはありませんでしたか?
お時間ある時で構いません。もしよければ、教えてください。
◆私は20代前半で痔を患い、手術も受けて今はスッキリしました。初めて行く時って本当に恥ずかしいと思います。
私も初診察は顔が真っ赤でした(笑)
でも何度も通ってると意外と慣れますね。病気を治す為なんだから仕方ないと思えます。
もし本当に痔なら市販薬で治すのは難しいです。あくまで対処療法なので…。
痔を患ってからは肛門科で同じ気持ちの方を助けたいと思い働いた事もあります。
若い方で痔の方って結構多いんですよ!だから安心してください。
診察は多少痛みはあるかもですが、数分です。我慢できるレベルです。
酷くなると座ることすら困難になるし手術でしか治せなくなるので早めに受診して下さいね。
早く治りますように。
お大事になさって下さい。
◆肛門科、消化器外科に行かれると症状を聞かれズボンや下着などを膝までおろしてタオルを巻いてくれます。
痛み止めのゼリー状のものを先生の指で肛門に入れられます。
それから肛門鏡で見るんですがその肛門鏡は痛いです。
肛門が引っ張られるので切れ痔の時はそれでまた切れてしまう場合もあります。
でもそれをしないと肛門が切れているか内痔核、外痔核なのかわからないためです。
切れ痔でしたら塗り薬が処方されると思います。
便秘もあるということなので
便を柔らかくする飲み薬が処方されるかもしれないです。
ご参考まで。。。