胃癌の手術前に 下剤と浣腸を行うのは何故ですか? 胃は全摘です 麻酔

胃癌の手術前に 下剤と浣腸を行うのは何故ですか?
胃は全摘です
麻酔は全身麻酔と硬膜外麻酔です
昔は全身麻酔は身体のどの部分の手術でも下剤と浣腸は必須と言っていましたが、
実際の所、胃の手術の時に腸の中に便が溜まっていても手術には全く問題ありません。
全身麻酔をかけて筋弛緩薬を投与するとお尻の筋肉も緩みますので、直腸に柔らかい便があれば出てきてしまいますが、使い捨てシーツを敷いてますし、お尻を拭くだけなので特に手術には影響しません。
ですが、一度ならまだしも何度も便が漏れてしまうとその度に拭いたりシーツを交換するので結果的に麻酔をかけている時間が長くなってしまいます。
患者さんの身体の為には麻酔時間は1分でも短くした方が良いのです。
もう一点、術後はベッド上安静がありますから、寝たままで便意があると辛いです。便秘の方は尚更大変です。
なので、手術の為と言うか、術後しばらく便意を催さない為に術前から腸を空にしておいた方が絶対に良いと私は思います。◆おなかの中がうんこだらけになっちゃうから
◆胃癌で全摘でも大腸にウンコが詰まっていたら汚してしまうでしょう。不衛生になって、しまいますよ。ですからウンコが出ない様にして措きます。