更年期障害で、エストロゲンの分泌が低下することにより、どのように

更年期障害で、エストロゲンの分泌が低下することにより、どのように便秘に繋がるかよくわかりません。 わかる方いましたら、教えてください。お願いします。
更年期障害とは、
更年期と呼ばれる時期に、
女性ホルモンの分泌量が激減することで、
脳から相変わらずホルモンを出せという指令が出るにもかかわらず、
その指令に疲れている卵巣が答えられず、女性ホルモンを分泌出来ないことで、
自律神経のバランスが崩れ、
様々な症状がでることです。
更年期障害の症状は、200?300あると言われ、
火照りは、そのうちの一つにすぎません。
イライラ、不安感、情緒不安定、耳鳴り、めまい、頭痛、火照り(ホットフラッシュ)しびれ、物忘れ、など多岐に渡ります。
対処法は、
病院では、ホルモン補充治療法などありますが、
乳がんなどの副作用の可能性があります。
それと、私の友達の親友が言っていたはずなのですが、「ワホイセソスト」などといって総合情報ブログから参考になる情報が見つかるそうなので、探してみたらいいかもしれないですよ。
食事、運動、アロマテラピーなどをうまく利用し、
対処をするのが良いでしょう。