産後3ヶ月なのですが、育児ではなく旦那にストレスを感じています。な

産後3ヶ月なのですが、育児ではなく旦那にストレスを感じています。なぜかと言うと、妊娠中からなんですが、残業と嘘をつきオンラインゲームをしに実家に帰っていたりしています。また、子供が泣いていてこっちはあ やしてるのに、旦那はAVをみていたりそーいう系の漫画を読んでいたりしてとてもイライラします。また家事を手伝うよと口では言いますが全て私がやっています。最近はストレスからなのか頭痛、吐き気、涙が止まりません。同じような経験してる方はいますか?またどうしたらいいと思いますか。。?
まだお父さんの実感がないようです。
夫、父親として何をすべきかネットで勉強をして貰って下さい。
育児は母親に任せとけばいいと思っていると思います。
一緒に子育てをしてこそ父親の自覚も生まれ、お母さんの負担も軽くなります。
貴方からも色々な事を頼んで下さい。
ネットより
何をしたらいいの? 夫のサポート
出産という大仕事を終えた女性は、心身ともに疲弊しきっているところに、待ったなしで次は24時間体制の赤ちゃん育児が始まります。
こんな産後ママに必要不可欠なのがパパのサポートです。
とは言え、新米パパは具体的にどう動いたらいいのかわからず戸惑うことも多いのではないでしょうか。
産後ママの体・心のことや、パパとしてできる精神的・物理的なサポート方法についてまとめてみました。
パパも知っておいて! 産後ママにはだかる2つの困難とは……
そもそも「妊娠・出産」を経験していないパパには、産後ママの体や心の状態について説明してもらわないと理解できない部分が多いと思います。
まずは、産後ママに起こる2つの困難について見てみましょう。今回は帝王切開出産した女性のケースです。
(1)出産の体のダメージが落ち着かないうちに夜中に授乳
帝王切開というとイメージが湧きにくいかと思いますが、単純に言うと開腹手術です。
開腹した直後の傷の痛みは当然ですが、かなりつらいです。私も帝王切開で出産しましたが、起き上がるたびに激痛が走り、歩くのにもズキズキと痛みました。
退院後も傷がまだまだ生々しい状態なのに育児は待ったなしというのがつらいところ。
ホチキス止めのお腹をさすりながら、なかなか赤ちゃんを満足させられない量しか出ない母乳に焦ったり、自分自身の尿漏れや脱毛に悩むということも。
そんな妻には夫からのいたわりと思いやりが何より必要とされます。
(2)今までやったことのない育児、しかも24時間営業です
パパが転勤や異動で仕事が変わったら、最初は覚えることが沢山あって勉強が大変ですよね。新米ママも同じです。
ママによっては、今まで接したことがあまりなかった赤ちゃんの沐浴や授乳、排せつなど覚えることがいっぱいです。
しかも赤ちゃんは人間ですから個人差があり、一筋縄ではいきません。リズムが整わないうちは夜中にずっと起きてしまったり、夜泣きをしたりとママの気が休まるときがありません。
母親としての責任感がママを押しつぶしそうになることもあるかもしれません。
私も出産後は赤ちゃんが息をしているか心配で夜中に何度も目が覚めてしまいました。パパも夜勤後や徹夜明けは家でゆっくり仮眠したいですよね? どうかママにも休息を取らせてあげてくださいね。
出産後のママに必要なのは、パパの思いやりと、育児に対する責任感の共有です。まずは、疲れ切っている産後ママの体をいたわり、「二人でこの子を育てていこう」という姿勢をわかってもらうことが大切ですね。
また、産後6週間くらいは産褥期と呼ばれ、ママは精神不安定になりがちで心の疾患にもなりやすいと言われています。
出産後、ホルモンのバランスが崩れ、精神不安定になりがちなママが注意すべき心の疾患が3つあります。。
(1)マタニティブルーズ
心の病気と呼べるほどひどい状態ではありません。軽度と考えてもいいと思います。マタニティブルーズは、産後の女性の5~50%が何らかの不安感を感じることから始まります。でも、数日~数週間のうちによくなります。
・涙もろい
・不安感
・抑うつ(気分の落ち込み)
・頭痛
・食欲不振
などの症状があります。
マタニティブルーズは、優しく接して話を聞いてあげることでよくなります。ただし、話を聞いてあげた後に求めもしないのにアドバイスなどをしない方がいいです。求められれば別ですが、それ以外は多くの場合、そこまで求めていません。
(2)産後うつ
出産女性の10~20%にみられます。気分の落ち込みが激しく、思考力の低下などがみられるため、家事や育児に支障が出てきてしまうことがあります。数か月~1年くらいかかりますがよくなります。
・抑うつ(気分の落ち込み)
・趣味や楽しいことに興味を失う
・過剰なイライラ
・不眠や過眠
・思考力や決断力などの低下
などの症状があります。
産後うつは、心の病気です。この場合、家事などに支障が出てくるため、怠けているのではないかと周囲の人は思ってしまうこともあります。
でも、病気なので自分ではどうすることもできない状態であることを知っておいてほしいと思います。
この状態が続く場合は、希死念慮(死にたいと考えてしまう気持ち)を持ってしまうことも十分考えられます。だから、心療内科やメンタルヘルス科への受診が必須です。。

(3)産後精神病
産後の心の病としては最も重症なものです。非常に希(まれ)な病気で、1000人に1人の割合でみられるとされています。
すぐにメンタルヘルス科への受診が必要です。
早く受診すればするほど、回復が早いとされています。
・幻覚や幻聴
・支離滅裂
・極度のイライラ感
・おかしな言動
・多弁になるなどの躁(そう)状態
などの症状がみられます。
気分の乱れが生じますので、時にはハイな気分で育児に専念したかと思うと、急に世話をしなくなったりします。奇妙なことを言い出したりすることもありますので、この場合は早急なメンタルヘルス科への受診が必須です。
産後の心の疾患と言っても、「何となく気分が落ち込んでいる」という軽度のものから、言動がおかしくなるような重度の精神病まで様々です。。
◆実家が近いならしばらく実家に帰る。
ご主人にはきちんと話してますか?話してもその態度が直らないなら、だめですね。ケンカになってもいいから思ってることぶちまけた方がいいですよ。
私はその都度、口うるさく言ってました。
家事やってる間は子供を見ててもらってました。
手が離せないときに、オムツがえも、あやしてもらうのも、ミルクもお風呂も、してほしいことはやらせてましたよ。